赤ちゃんのミルクに適した温度が作れるウォーターサーバー

ウォーターサーバーに使われている水は、赤ちゃんにとっても安全な水を使っていますので、安全なミルクを与えることが出来ます。これなら、いちいち水を沸かす手間なく作ることができます。ウォーターサーバーの水温は、メーカーによったら弱温モードにできるものもあります。これなら、赤ちゃんのミルクづくりに最適な温度がすぐに出るので赤ちゃんのミルクづくりに特に重宝するでしょう。

ミルクを作るときは、哺乳瓶の中に入れたミルクを溶かさないといけません。粉ミルクに書かれている説明書を見て、規定の粉ミルクの量を哺乳瓶に入れます。そしてお湯を入れ、円を描くようにし、振って溶かしていきます。その際、お湯の量を適当に決めてしまうとミルクの味が変わってしまい、赤ちゃんが飲みにくいだけでだく栄養値も異なってくるので、しっかり考えてお湯をいれなければなりません。しかしウォーターサーバーでしたら、粉ミルクを溶かすにに最適な温度がすぐに出ます。さらに、ウォーターサーバーなら冷水もすぐに出るので、ペットボトルの水をわざわざ冷蔵庫で冷やしておく行程もいりません。

さらに、月齢が若い赤ちゃんの時だけでなく、離乳食を口にするようになった時にもウォーターサーバーは活躍する可能性があります。離乳食は水分を多く含んだ食事ですが、ミルクを作る水だけこだわるのでなく、ミルク以外の栄養にもこだわることで健康な身体づくりのサポートになる可能性があります。